京都焼菓子組合は、世の中が戦時態勢へと向かう中にあって、
価格統制や資材確保のためにいち早く結成された京菓焼物同盟
会が母体となっている。しかし戦況の悪化にともない企業整備の
名目で、京都市の焼菓子業者(焼物、煎餅、洋菓子、カステーラ)
の四団体を以て京都焼菓子工業組合に組織変更を余儀なくさせ
られたが、終戦後には各業種団体ともいち早く元通りの組合に別
れ、現在は任意団体としての京都焼菓子工業組合として活動し
ている。

 組合員には蕎麦ぼうろ、衛生ボーロをはじめとしてデセル、ヘン
ガー、パサンなど洋風意匠焼菓子や松風、松葉、落し焼などの和
風焼菓子、その他クッキー、サブレー、ビスケット、ラスクなどを製
造する業者などの集まりである。



菓子工業組合TOPへ