「ええ材料を使うて、ええもんを丁寧にこしらえる、
これしかしようおへん」

 こんなことをつぶやきながら、今日も黙々とお菓
子作りに精を出している当組合員ご主人のセリフ
です。

 和菓子は人間の五感を満たす、すばらしい芸術
品です。まず目で見て綺麗なものでなければなり
ません(視覚)。次に食べて美味しくなければなり
ません(味覚)。手で触れる、包丁で切る、歯でか
む(触覚)。生姜、ニッキ、砂糖、小豆など、その天
然のかすかな匂い(嗅覚)。
「春の遠山」「春景色」「夏の山」「山路の菊」「薄氷」(視覚)。といった日本人独特の繊細な感覚が生み出し
たものが、京都の和菓子であります。これらの「伝統の味と文化」に現在の嗜好と技術を加え、日夜商いを
させて頂いているのが京都和菓子製造協同組合の組合員です。



菓子工業組合TOPへ